髪が抜け、しゃべれなくなり
天井がグルグル回って引きこもり

第一人者扱いされる違和感に
『そうじゃない』とジタバタ抵抗

そんな私が透かし折り紙を
続ける本当の理由

たった1枚の折り紙から

自分に戻れる

夢中のひとときを届けたい

そのひとことに気づくまでの

7年もの迷走の旅は

ある日の気まぐれな

散歩から始まりました・・・

うっとりがみ 編集長 中村香代

透かし折り紙との
出会い

2010年頃だったかな?

初めて透かし折り紙に出会ったのは…。


散歩中に偶然立ち寄った雑貨屋で発見しました。

まだ東京に住んでいたときのことです。

「折り紙にしちゃ、オシャレね?」

が第一印象。

軽いノリで買ってみました。

実はその後、透かし折り紙のことは忘れてちゃったんですよね。


当時、私は会社員。

小学生になりたての長男と保育園児の次男を抱えていて、毎日走り回っていたんです。

そんな私が透かし折り紙を思い出したのは2年後の2012年。

東京から葉山へ引っ越しして、しばらくたったときのことでした。

次男の療養のため
生活をガラリと
変える

引っ越しは次男のためでした。

アトピーっ子でかゆくて眠れず、夜通し泣き続ける日々。

明け方やっと寝たと思った矢先、保育園に行くために起こさなくてはいけなくて・・・

度重なるストレスから次男は病気で毎月入退院を繰り返すようになりました。


私は仕事にとてもやりがいを感じていました。でも、次男はつらそう。

「私、何のために働いているの・・・?」

このままじゃいけない。

この暮らしを次男に強いるのをやめよう。


便利で効率重視の生活をやめ、東京から離れる決意をしたのです。

そして、海と緑に囲まれた葉山で次男のペースに合わせたゆったり生活がスタート。

私は専業主婦となりました。

次男の体調は
よくなったけど…

次男の体調はどんどんよくなり、ホッと一息。毎日楽しそうに遊んでいます。

でも、専業主婦生活になれない私。地道な遊びにつき合っているとすぐ飽きる・・・

1日がこんな長いなんて。


時計を見ては
「針がぜんぜん進んでない・・・他に何か遊ぶネタってある?」

そんなときに
「そういえば、折り紙を買ったっけ!」

と、ようやく透かし折り紙を思い出したのです。

次男は透かし折り紙にすぐ夢中になりました。

「もっと違うの折ってみたい」と言う次男。

けれど、折り方は折り紙のセットの中に5種類くらいしかありません。


折り方の本はネット販売で洋書なら手に入りそう。

でも、外国語だし、なんだか難しそうで折れる気がしない。わざわざ買うほどでもないよね・・・

じゃあ自分たちで
折り方作ろっか!

「じゃあ、自分たちで折り方作ろっか!」

私と次男の「折り方発明」が始まりました。

一緒にウキウキできる時間がやってきた!


しばらくすると、折り方のストックができました。

時間は山ほどあるので、軽いノリでブログ公開にチャレンジ。

折り方の工程をひとつずつ写メして、解説をつけてせっせと投稿しました。先のことは何も考えずに・・・

これが「うっとりがみ」のはじまり。

2014年1月のことです。


そのうち、読者さんからメッセージが届くようになりました。

質問をもとにブログを書いてみたり、Facebookページを始めたり。


「こんなものでも喜んでくれる人がいるんだ。もっとやってみよう」と心が踊りました。

自分ができることだけ
カタチにしてみた

この頃から、私は読者さんから求められたものをカタチにしはじめます。

最初にはじめたのは、手にとれる紙の状態にすることでした。

「折り方を画面越しじゃなくて、本のように手にとれたら嬉しいです」というメッセージがいくつも届いていたからです。

オンライン化の時代と逆行しているようですが、折り紙好きは「紙好き」。

紙を触っていたいし、持ち歩いたり、眺めていたりしたい。

ただ、その頃の私には折り紙の本を作るだけの企画力、デザインスキル、資金など何もありませんでした。

「本を作るのは私には無理だなあ。でも、PDFは作れるかな。ダウンロードで印刷してもらえば、本みたいにはできるかな?」

とはいえ、できることはせいぜいブログの画像を貼り付ける程度。

デザインのデの字も知らなくて、ホント体裁悪い。お世辞でもキレイと言えないものができあがりました。それが精一杯。

そんなダウンロード折り図を2015年〜2017年にかけて3種類作りました。

120人くらいの方が買ってくれたのです。


ある読者さんのひとことが今でも忘れられません。

「売ってくれてありがとう」

こんな不出来なものでも喜んでもらえて素直に嬉しかったのでした。

自分ができないことは
頼んでみよう

次にチャレンジしたのは、当時輸入品しかなかった透かし折り紙を日本製で商品化し、「ひかりとり紙」として世に送り出したこと。

これは自分だけではできないので、手を借りました。

ブログを始めて以来、折り紙のサイズや色に対して、なぜか私へリクエストがたくさん届くようになったのです。

輸入品の透かし折り紙は私と何の関係もないし、私は透かし折り紙の専門家でもないのに。

当時私は顔出し・名前出しをしていませんでした。それでも、多くの人がせっせと私へリクエストのメッセージを送ってくれて・・・

「みんな透かし折り紙が大好きなんだなあ。でも、このまま放っておくと、この声はどこへも届かずに消えるよね。何も実現されなかったら、みんなつまらないだろうなあ」

このとき、私は思ったのです。

「これって、どうにかできるの、私しかいないよね?」と。

折り紙メーカーに頼んでみよう!

「やってみましょう」

そこで、折り紙メーカーさんにメールを送ってみました。

言うだけタダだし、門前払いだったとしてもそれはそれで。やるだけやってみよう。

メールの送信先は昭和12年創業の老舗折り紙メーカー、株式会社クラサワさん。

すると、クラサワさんから「やってみましょう」とのお返事が。

驚いた!

クラサワさんが聞く耳を持ってくださったおかげで、日本初の透かし折り紙誕生ストーリーが始まったのです。

2016年の初めごろだったでしょうか。


商品部の社員さんと1年ほどメールのやりとりが続きました。忙しい業務の合間を縫って、丁寧に素人の私の話を聞いてくれて。

その後、横浜でリアルでの打ち合わせ。

具体的な色選びや商品に封入するミニ冊子用の作品選びが始まったのです。

「本当に商品ができちゃうんだあ」

みんなと私のアイデアがクラサワさんを通してカタチになって世に出ていく・・・不思議な感覚でした。

日本製透かし折り紙
『ひかりとり紙』誕生

商品名は「ひかりとり紙」に決定。私が提案した名前をクラサワさんが気に入ってくれたのです。

2017年秋ごろのリリースで準備が進みます。

みんなに早く言いたいのだけど、まだオフレコ。早くみんなを喜ばせたい。ソワソワしながら発売を待つ日々でした。


そして、9月。

待望の日本製透かし折り紙「ひかりとり紙」のスターターセットがクラサワさんよりより発売されました。

『暮らしを彩るひかりとり紙(中村香代監修)』として店頭に並んだのです。

翌月10月にもひかりとり紙の新商品をリリース。

クラサワさんの「ひかりとり紙」すべてのラインナップにコラボし、「夢中のひととき」を無意識にカタチにしていきました。

待ってくれていた読者さんたちは大喜び。


普通の折り紙以外は『特殊折り紙』と呼ばれます

特殊折り紙は流通量が多くないため、製造後在庫がはけるのに数年かかりますが・・・

なんと、ひかりとり紙は異例の早さで第1刷が完売。

日本初の透かし折り紙「ひかりとり紙」はこんなできごとによって誕生したのでした。

おなじころ
ひとつめの転機が
訪れます

「ひかりとり紙」の製作に励んでいたころ、私はFacebookで読者さんにアンケートをお願いしました。

どんな風に遊んでいるのか、もっと楽しむには何があればいいのかを知りたくて。


98人の方が回答してくれました。

その中に衝撃的な事実が・・・

なんと、私のブログを子ども用の遊びとして閲覧していなかったのです。

半数以上の人が自分のために折っている!私はすっかり子どもの遊びだと思い込んでいたから。


「今までずっと趣味らしい趣味がなかった私が夢中になれるものに出会えました」

「光に透かしていると、明日もいいことありそうだと思えます」

「出来上がると達成感があって、ウキウキして元気が出ます」

「わたしのワクワクを引き出してくれてありがとう」

「やさしい光を見ているとあたたかな気持ちになれます」


このとき、知ったのです。

私が届けていたのは、折り方の情報ではなく、夢中になれる楽しさと美しいものにうっとりできる時間なのだと。

Uttorigami
=うっとり+おりがみ

その後も読者からのメッセージはどんどん届きました。

「家族が寝静まったあと、夜な夜なひとりで夢中で折っています」

「仕事で嫌なことがあっても、折っていると忘れられます」

「家事と介護に追われていますが、自分の感情をぶつけて折っていると、リセットできます」


ときめき、ひらめき、きらめきは幸せのもと。

思い通りにならない毎日だけど、夢中で折っているとモヤモヤがリセットできる。美しいものを見ているとうっとりできて、笑顔の明日を迎えられる。

透かし折り紙は折っても眺めていても癒やされるクラフトなのだと思うようになりました。


そして、ブログ名を「うっとりがみ」と命名しました。

すべてに
「夢中」を投入

これをきっかけに、2017年6月からメルマガスタート。

明日も笑顔でいたい女性たちにできる「夢中のお届け」だと思ったから。

1か月で100人の読者さんとつながれました。


すると、今まで以上に質問やリクエストが届くように。

喜びやお悩みを共有してくれる読者さんもいました。

作品画像とともに「職場のみんなが癒やされると喜んでくれました」と報告してくれる人。

折りながら子育てのモヤモヤと向き合っていることを打ちあけてくれる人。


この頃から特に「夢中のひととき」をさらに意識した作品を作り出すようになりました。

世の中の折り紙は難解な作品が流行中。


そんな中、私は超逆行。

ストレスを減らすために谷折りだけで完成する作品を生み出すようになりました。

「難しくてイライラする」「できなくてがっかりする」という気持ちは「夢中のひととき」にはふさわしくないからです。


折り図冊子
自費制作を決意

続いて、待ち望まれていた「印刷された手にとれる冊子」の制作を決めました。

PDFダウンロードの折り図より冊子の方が夢中度を上げられると思ったから。

冊子に触れていること、眺めてニヤニヤすること、持ち歩いて連れて行くこと、冊子には紙好きさんのための楽しさがいっぱいある。

それを叶えようと思いました。


決意したのはいいですが・・・

どうやって作ればいいのか、お金はいくらかかるのか、誰に協力してもらえばいいのか、作っても売れるのか・・・わからないことだらけ。

でも、2018年の年始のメルマガで当時300人のメルマガ読者さんに「折り図を季節4冊作ってお届けします」と約束しました。


今思うと、よくまあそんなことを言い切れたと思います(笑)

あのときは、「絶対できる」としか考えていませんでした。


自費を投じてデザイナーさんを探し、分かりやすい図と説明を研究し、美しく楽しいデザインの冊子化をスタートさせました。

掲載する作品は簡単で夢中になれて、見た目も美しい季節作品を40作創出。1冊目を2018年10月に刊行。以降1年かけて、計4冊を送り出すことに成功!


ときどき、「なんで、こんな面倒くさいことやってるの?」と思ったこともありました。

何の経験もない私には地道で孤独すぎる作業でしたが…

仲のよいメルマガ読者さん数人が図の点検などに手を貸してくれたり、オリジナル作品を寄稿してくれた読者さんもいたり、ありがたかったです。

思ったとおりに
身体が動かない…

とはいうものの、折り図の制作は思った通りに進みませんでした。

掲載作品を考えはじめた頃、体調を崩したのです。

1年半ほど近く外へ出られなくなりました。


自律神経失調症とでもいうのでしょうか。

体育会系の私には考えられない人生初のピンチに遭遇。家事と身の回りのことをやるだけで精一杯という状況が続きました。


朝は支度が進まず、お茶から出る湯気を1時間くらいボーッと眺め・・・

道端で友人に会って5分立ち話をしたら、ぐったり疲れて2時間昼寝。

神経を落ち着かせるための癒やし系音楽を聴くと耳に障ってイライラ。

相手の話していることを頭の中でまとめることができなくなり、まともに返事ができない。

髪が束で抜ける。

とつぜん目まいで天井がグルグル回る。

身体の左半分がしびれる。

42.195キロのマラソンを完走できるほどの体力と根性がありましたが、200m走ると息切れして足が止まるほど体力が落ち込みました。


今までそれなりに何でもこなしてきた私は初めて「無力感」というものを知りました。


それに対して、「悲しい」「辛い」という感情は不思議となかったのです。

無感情に近く、自分がそこにいない感じというか。

感情を持つことすら気力がなかったのかもしれません。

他人事のような感覚でした。

でも、やめなかった
みんなが
待っていたから

それでも、折り図制作は黙々と続けました。

そして、読者さんとのつながりを絶やさないよう、メルマガだけはどうにか書き続けました。


「皆が待っている」

当時の私には前に進む理由がそれしかなかったのかもしれません。


体調は良くなったり悪くなったりしながら、4冊が完了するころにはすっかり元気に。

いつの間にか解消しました。

「夢中のひととき」を待つ読者さんたちの気持ちが絶不調の私の支えとなってくれたのです。


そんな苦い思い出つきの4冊の冊子を届けると・・・

「すべての作品を子どもたちと制覇しないと気が済みませんので、4冊全部コレクションします!」

「娘の誕生花をたくさん折って、高校入学をお祝いすることができました」

「職場に飾ったら、スタッフもお客さんも癒やされたと喜んでくれました」

「母が大好きなお花をたくさん折って、施設のお部屋に飾ってきました」

「保育園のママさんたちと協力して卒園式の制作に取り組みました。お花の光でいっぱいで子どもたちを送り出すことができました」

という喜びの声がたくさん届きました。


やりきってよかった!

みんなの気持ちが絶不調の1年半を吹き飛ばしてくれました。

注目されるたびに
大きくなる違和感

ブログを始めた5年後の2019年ごろから、メディアで取り上げられるようになりました。

東京新聞、日経MJ、フジサンケイアイ、読売KODOMO新聞、婦人画報に掲載され、ラジオ番組にも2回出演。


表向きはキラキラ女子に見えたかもしれません。

でも、心の中では「私の役割は何?」という疑問がどんどん大きくなるばかり。

取材のたび、アーティストや第一人者扱いされます。

大手カルチャーセンターでのお仕事などでは「先生」と呼ばれます。

ビジネス講座の先生や仲間たちからは

「協会にして資格講座を作れば儲かるよ」

「料理研究家のようにライフスタイルも一緒に売り出せばいいのに」

と言われることもありました。

周りから「すごいね」と言われるたび私の心には「?」が浮かぶのです。

活躍や作品を褒めてもらうのは確かに嬉しい。

でも、それが目的じゃない。

有名作家になること、資格発行して儲けること、注目を浴びてライフスタイルをさらけ出して売ること・・・

私にはどれひとつ興味がありませんでした。

あと1年でやめる
覚悟を決めた

私の心は晴れないまま…

それに反して、透かし折り紙のつながりはどんどん広がっていく。

2019年の終わりにメルマガ読者は1200人を超えました。


今まで求められたものを作り出してきた。でも、なぜやり続けているのか分からない。どこへ向かえばよいのか分からない。

ときどき、すべてを放り出したくなりました。

他にもっと自分が夢中になれるものに時間とお金を使ったほうがよいのではと思うことも・・・

かといって、「だったら、やめちゃえば?」と自問すると、なぜか「NO」が返ってくる。


そして、ついに翌年の2020年1月、覚悟を決めました。

「あと1年は続ける。その間に自分の役割が見つけられないのなら、やめる。みんなと一緒にやれることをやって楽しもう」


小さな変化が
大きな現象を起こす

その勢いでオンラインコミュニティ「うっとりがみ透かし折り紙研究部」を走らせました。

仲間になってくれた読者さんたちには「1年やってみて、その後続けるかどうか決めます」と伝えて。


コミュニティ立ち上げのきっかけは読者さんたちでした。

「自分に戻れる夢中のひととき」が満たされてくると

「この喜びを誰かに教えてあげたい」

「私ももっと役に立ちたい」

という共有と共感の気持ちがあふれてくるということを5年間のお付き合いを通して教えてくれたのです。

そんな女性たちをヨコでつないだら、きっと楽しい!!


そんな気持ちでオンラインコミュニティ「うっとりがみ透かし折り紙研究部」をスタートしました。

ひとりではできないことでも、みんなと一緒にやっちゃおう、という部活のノリです。

たとえば、美術館の展覧会や折り図の制作。

クラサワさんとのコラボ。

自分の力を活かしながら、みんなで助け合うことで、たくさんの人を喜ばせることができるということを信じ、メンバーみんなで楽しみました。

どうなるかなんて、まったく分からないまま進んでいきました。


2021年1月7日
ふたつめの転機が
訪れます

年が明け、2021年。

お正月は自分のミッションを書くのが恒例です。

そこでも私はウンウンうなりながら考えました。

「うっとりがみであることで、私はみんなをどう幸せにしているのか? 役割は何なのか?」

コミュニティは楽しくて、順調でした。

でも肝心の答えが出ていない。

1年たって、その答えが出なければやめると決めた。

だから、必死に考えたのですが・・・


残念ながら分かりませんでした。

それらしい文章を書いてみたけど、どうも嘘くさい。何か違う。

半ば諦め、しばらく放置することにしました。

だって、考えても何も出てきやしないから。

そして、1月7日の朝。

ついに2つめの転機が訪れました。


目覚めたら、なんと私は「自分の役割」を知っていたのです。

私の役割は…

たった1枚の折り紙に触れることで

「すべてを忘れて自分に戻れる夢中の時間」

「コントロールできない問題を受け入れるまでのお供の時間」

を届けることだったのだなあと。

「すべてを忘れていられる」という言葉でやっとすべてがつながったのです。

すぐにメルマガを書き、次の日に配信しました。

ふと、気づいたんです・・・

透かし折り紙は私たちには
当たり前にずっと一緒にあったもの。

だから、おうち時間が増えれば
折り時間も自然に増えます。

すると、夢中タイムも増える。

その間、いろんなことを
忘れていられますよね。

忘れていられる、というのは
解決そのものにはならないかもしれないけど。

でも、この時間は…

コントロールできないことを
受け入れるまでの付添い役に
なってくれることがある。

忘れていられる時間が持てると、
窮屈パンパンな心が少しホッとして
ちょっとだけあったかい隙間ができる。

そのあったかい隙間があれば

誰かを思いやれたり
前に進もうと思えたり
大丈夫よと笑顔に戻れたりする

2021年1月8日メルマガ一部抜粋

「優しい言葉と行動力にしびれました。『コントロールできないことを受け入れるまでの付き沿い役になってくれることがある』という表現がとても響きました」

「中学生の娘にこの言葉を贈ります」

とオンラインコミュイニティの仲間から喜びの声が届きました。

そう。

私がようやく言葉にできたのは、ずっと応援してくれたメルマガ読者さん、特に私のそばにいてくれたオンラインコミュニティの仲間が私に心の声を聞かせてくれていたおかげなのです。

私はもう迷わない

小さな世界に喜びと安らぎを
もたらす女性を増やしたい

そのために
仕事、家事、

育児、介護に
がんばる女性が
明日も笑顔になれるよう

たった1枚の折り紙から
自分に戻れる
夢中のひとときを届けたい

仕事、家事、育児、介護でいつも誰かのために必死。

思い通りにならない毎日。

だけど、彼女たちは透かし折り紙に夢中になり、仲間と支え合い、自分の殻を破ることで笑顔になっていたのです。

彼女たちの周りは小さな世界かもしれない。だけど、その世界におしみなく喜びと安らぎを届けている。


みんなのそんな姿が私をひらめきに導いてくれました。

心のモヤモヤは消え、希望の光に包み込まれたような気がしました。

あったかい。

私はもう迷わない。

みんな、ありがとう。

たった1枚の折り紙が
明日の笑顔を
届けてくれる

2014年から始まった透かし折り紙ブログ「うっとりがみ」は2022年で8年を迎えます。

私は折り紙を折るのが得意ではありません。

折り紙の大先生のような専門的な知識も技術もありません。

そんな私が今までずっと続けてこられたのは、仲間がいてくれたから。


途中何度も投げ出したくなりました。

体調も崩しました。

どこを目指すのか分からなくて悩みました。


それでも、みんなが応援し続けてくたおかげで、やっと自分の役割を知ることができました。

スタート当初から「うっとりがみはみんなで作っている」とずっと感じていましたが、それはこれからも変わりません。

むしろ、それしかありません。

こんな想いを一緒に叶えてくれる女性たちがもっと増えれば、私たちはもっと幸せになれると信じています。


仲間と作った
「忘れられる時間」を
どうぞ

私は仲間と一緒にそんな世界をこれからもどんどん広げていきたいと思っています。

それを実現するための小さな集団「うっとりがみ透かし折り紙研究部」がすでに走り始めています。

自分の力を活かしながら、みんなで助け合うことで、たくさんの人を喜ばせることができるということをメンバーみんなで絶賛体感中。


あなたにも仕事、家事、育児、介護など忙しいことがいっぱいですよね。

がんばりすぎたり、がまんしすぎたりして疲れてしまうこともあるでしょう。

思い通りにならない毎日を過ごしていることもあるだろうし…


だけど、夢中になってすべてを忘れられる時間が持てれば、また笑顔になれる明日を迎えられると思うのです。


そんなあなたのために、透かし折り紙研究部の作家9人で力を合わせて作った折り図「星と雪」をお届けします。

あなただけの大切な「すべてを忘れて自分に戻る時間」のお供ができると、嬉しいです。

そしていつか、周りのたくさんの人たちに喜びを届ける私たちの仲間として、あなたにお会いできることを心から楽しみにしています。

愛をこめて

中村香代

LINE会員さん限定
折り図「星と雪」の
特別なご案内です

折り図冊子「星と雪」

・ 15作品 + アレンジ7作品 合計22作品

・ 動画折り方QRコードつき

・ A4サイズ 46ページ(表紙含む)

肝心な折り図のお値段のご案内です。

今回、22作品(15作品+7アレンジ作品)掲載の冊子折り図(動画つき)のお値段は

Amazon一般販売価格3,700

19%OFF 3,000円

(税込み・送料無料)

Amazonで一般販売していた価格3700円を19%OFF、送料無料でお届けします。

電子書籍版は一般販売していますが、今後冊子版はLINE会員さまのみの販売となりました。

他では手に入りませんので、ぜひ手に入れてくださいね。

♥ 折り図は残り50冊です

今回のご案内では50冊の受付けです。

第一版がうっとりがみメルマガ会員さんに昨年10月で完売、第二版が残り50冊となりました。

増刷はできますが、未定のためお待たせしてしまいます。

ひと足お先に楽しんでくださいね。

♥ LINE会員さま特典ダウンロード折り図付き

折り図冊子「星と雪」をご注文いただいたLINE会員さんにはダウンロード折り図をプレゼントします。

「星と雪」のお届けにご案内を入れておりますので、QRコードから読み取ってダウンロードしてくださいね。

作品は2種類。

★ 夜顔(左:ピンクの作品・6枚で折れます)

★ 月下美人(右:みずいろの作品・6枚で折れます)

♥ LINE会員さん特典まとめ ♥ お届けは2月〜

① LINE会員さん特別価格 3,000円

② 送料無料

③ ダウンロード折り図プレゼント

♥ お届けは2月上旬です

折り図冊子「星と雪」は2月上旬よりお届けします。

少しお待たせしますが、どうぞよろしくおねがいします。

♥ お支払い方法

ご予約は、うっとりがみSTORES.jp店で承ります。

STORES.jpへ会員登録または、登録なしのゲスト購入も可能です。

下記のお申し込みボタンからご予約商品を選択後、お支払いのお手続きをお願いします。

お支払い方法:

・ クレジットカード

(VISA、Master、American Express、JCB、Diners)

・ Paypal

・ 事前コンビニ決済(お支払い期限3日以内)

・ 楽天ペイ

・ キャリア決済

・ 事前銀行振込(お支払い期限3日以内)

※ コンビニ決済、キャリア決済は別途手数料(200円程度)がかかることがあります。

※ コンビニ決済、銀行振込で3日間のお支払い期限に間に合わないケースが多発しています。舞い合わない場合、自動的にキャンセルとなるため、再度ご注文お手続きが必要です。 オンライン決済ですと、お手続きが便利でおすすめです。

アンドロイドのスマホご利用の方へ

Androidスマートフォンをご利用の方の中に、ショップ画面が文字化けする現象(変な日本語になる)が起きるケースが報告されています。

これは、ご利用のグーグルクロムの翻訳設定をオフにすることで解決します。また、キャッシュのクリアも同時にお願いしております。

携帯電話会社やご家族、お友達に聞いてもやり方が分からない場合は、事務局までお問い合わせください。

すっかり長いご案内となりましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

ご不明点はLINEで事務局まで連絡してください。

土日はお休みさせていただきますが、必ずお返事するので、少しお時間ください。

うっとりがみ透かし折り紙研究部9人の作家がお届けする、夢中時間への招待状をぜひ受け取って、うっとりしてくださいね。

ごはん食べ忘れたり、寝るの忘れないでくださいね。ホント、折るのやみつきになりますから。

あなたにサイコーのうっとり時間をお届けできることを楽しみにしています。